群馬県藤岡市の社会福祉法人青和会は、アルファ化米の梱包作業などで障がいを持つ方の自立支援を行っています。

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

社会福祉法人 青和会

お電話でのお問い合わせ 0274-40-8120

群馬県藤岡市上落合133-5 

本文のエリアです。

非常災害用備蓄食料(アルファ化米)について

「藤岡ふれあいセンター ほのか」(以下当施設)は、心の病を抱えており就労を目指している方の支援をさせていただく施設として、平成18年より活動しています。

障がい者が地域で働き、自立した生活を送れるようになるには、何よりも施設による工賃の引き上げに向けた仕事の確保が重要です。しかしながら、これまでのところ多くの施設においては、施設単独での仕事の受注・販売体制には、財政的・物理的・人員的にも限界があることが大きな課題となっております。
そこで、当施設の利用者も含め障がい者が安心して働ける場所作りを目的として、去る平成24年6月に当法人理事である青木次男が「希望(のぞみ)食品株式会社」(以下希望食品)を設立、業務を開始いたしました。希望食品では社内で独自に製法を開発したアルファ化米保存食を製造しており、当施設の利用者が施設外就労として希望食品内での作業に携わっています。
製品であるアルファ化米の営業と販売は希望食品のほか、当施設や当施設が所属する(特非)群馬県精神障害者社会復帰協議会々員の施設でもお取り扱いをしており、平成25年4月より施行された「障害者優先調達推進法」の後押しもあり、地元の自治体様を中心にご契約をいただけるまでにいたりました。

ぜひ当施設の保存食アルファ化米を知っていただき、より多くの方に安心できる商品をお届けし、それによって障がい者の方々の自立を目指していけたらと思っております。

よろしくお願いいたします。

 

※ほのかアルファ化米、障害者優先調達法については、資料をご確認ください。

ページトップへ戻る